明けましておめでとうございます!
2014年もザオーオンラインショップを宜しくお願い致します。

素敵で素晴らしい商品をどんどん紹介して行きたいと思います。
是非、ご期待下さいませ。^^


さて、予想通り...(@@;)、去年一年間ではクロコの革の価格が最低3割〜5割以上急騰しました。

これはヨーロッパの景気の持直しもあり、クロコ人気が強かったこと、
そしてクロコの生産地が大量生産から、より品質にこだわり生産量が減少を
したことによるそうです。

オーストリッチでも南アフリカ産の高品質な革が手に入りにくくなり、
価格がどんどん上昇をしているそうです。生産者が激減をしているにもかかわらず、欧米で根強いオーストリッチ人気があるだそうです。

こんな状況ですが、お客様に喜んで頂くためにコストを抑え、
最上級のクロコ及びオーストリッチのバッグをご紹介していきますので、
是非とも宜しくお願い申し上げます。


本年も皆さまにとって素晴らしい年となりますように!

            
 
世界のバッグファンを魅了するあのポツポツ(クイルマーク)の付いた、
オーストリッチが危機に直面?!

南アフリカは世界最大のオーストリッチ生産国なのですが、その南アフリカからオーストリッチを育てるメーカーが激減しているんです。


実は、ブッシュ元米国大統領が在任中にエコを考え、「ガソリンに代わって、燃料をエタノールに代替するぞ!」と公言したので、オーストリッチを育てていた土地にトウモロコシを植え始めたのです。そうです、エタノールの原料です。


オーストリッチが成長するまでに、2〜3年かかります。病気にならないように飼育管理をしたり、喧嘩をして傷を負わないようにお世話をするのは結構大変だそうです。

トウモロコシは数か月で収穫ができ、気候が良い南アフリカでは年に何回も収穫が出来るのでは… 。ということで、トウモロコシが植えられ、オーストリッチの生産量が激減しているそうです。


円高で原料仕入れが安くなるのでは〜と思っていた私こと副店長ですが、
状況は違ってました… ><;。 

近い将来、希少価値が上がるのかなぁ〜 ??



以上、オーストリッチの世界情報でした。

            
 
弊社社長が台湾に行った際に、台湾茶をおみやげに買ってきてくれました〜!

続きを読む >>
            
 

ZAO ONLINE SHOPへ行く

search this site.

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

new entries

categories

archives

profile

書いた記事数:35 最後に更新した日:2017/03/27

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM